忍者ブログ
Home > インタースクール生活

たまには窓を開けて@wuxi

2013年2月14日より中国の無錫市にて生活をしております。夫と息子と私の3人の成長blogです 。
前blogURL(http://blog.livedoor.jp/from_bottom/)

[PR]
2017年04月26日(水)01:38 comment:()

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

インターナショナルデイと卒乳
2013年11月19日(火)18:16 comment:(1)

インターナショナルデイ11月始めに学校の行事でインターナショナルデイがありました。各国の民族衣装を着て学校へ行き、先生方のそれっぽい演説を聞き(すみません、難しい英語理解できません)、子供たちが祖国の紹介をしあったり、各国のママさん達が食事を振舞ったりしました。

純正は朝から機嫌が悪く、用意した甚平を着てくれないという残念なトラブルもありましたが、リュックに押し込んでおいたら学校で先生が着せてくれたようです。私たち保護者もすぐに学校についたのですが、そのころには左前でかつ後ろで紐をしばるという不思議な甚平のいでたちでした(笑)。

日本人ママグループは、やきそば、おにぎり、ういろうの3種類を持っていきました。私は焼きそば班。なかなかの売れ行きで、正直全然足りませんでした…反省…。韓国人ママたちはさすが最大派閥だけあって、すごい量と種類の韓国料理をもってきてくれていました。私たちもご相伴にあずかりましたがどれもすごく美味しかったです。チヂミうまー!他の国のお料理もいただきましたが、やっぱり韓国の料理が一番口に合いました。日本と韓国は割と好みが近いんでしょうかね。ちょっと辛いけども。
私も袷を着ていきました。といっても半幅帯でしたけど。やっぱり和服はきりっとしますね。

ところで、とうとう純正が、完全に卒乳しました(前回の更新で書いた成長とはこのことです^^;。日本への一時帰国をしてからほとんど飲まなくなり、すーっとフェイドアウトです。ときどきまさぐっては「からっぽ?」と聞いて来るので、「うん、もうからっぽだ。」と答えてやると納得するようです。フェイドアウトだったせいかパイパイもまったく痛まず、お風呂に入ると多少たらたら零れていましたがほとんど張ることも無く、本当に空っぽになりました。

最近、睡眠時間がすごく長くなりました。パイパイが止められたのも寝つきが良くなってきたからだったり、夜泣きが無くなったから、ということもあるかもしれません(逆もあるとは思いますが。)。でも、夜の寝支度に結構時間がかかってしまい、寝かしつけ開始はどうしても22時とかになってしまいます。ハミガキに1時間とかかかるのが辛い…。もう少し早く寝かしつけなければ。
そこからぐっすり7時まで寝ますが、平日は起こさなきゃ起きてきません。7時ごろに起こすのですが、なかなか覚醒しないので結局ぐずぐずのまま学校へ行くことになります。すごく嫌がる日もあって困ってしまいます。こんなに嫌がるなら休ませてあげたい、という気持ちと、毎日行って色々と(今は主に英語や日本人以外とのコミュニケーション)吸収してほしいという気持ちがせめぎ合っております…。インタースクールは特に休みが多いですからねぇ。英語がもう少しわかるようになれば、もう少し学校が楽しくなるはずという期待をしつつ、今はちゃんと毎日行かせたい気持ちがちょっと勝る感じ。
まあ、もっと早く寝かせられればきっとこれほど愚図らないと思うんですけどね…。がんばろ…。

PR

ハロウィン2013
2013年11月12日(火)10:40 comment:(0)

ハロウィン仮装コンテスト書きたいことが溜まっていますがそんな時こそ更新出来ませんね☆

 10月31日、純正の学校でハロウィンパーティがありました。子供が思いおもいの仮装をして講堂でパレード。その後各クラスでNo1を競うものでした。審査は司会進行の方の独断と偏見(笑)で決めて、さくさく進むのですが、一番小さい子たちのクラスではなんと!純正がNo1をいただきました~(*´▽`*)!やったね純正。
まあ、思いおもいといっても純正の仮装は母の私が勝手に考えて勝手に着せたわけですが、今回は着せればそれでOKぽいドラキュラ伯爵にしました。衣装は淘宝で調達(笑)。本来メイクもする予定だったんですが、全力で抵抗されて結局メイク無し。それでも一応ハロウィンらしい仮装だったからでしょうか?No1いただけました(゚∀゚)!

 コンテストの後はみんな各教室へ行って授業の様子を見学したりおやつを振舞ったりしました。(日本人ママたちは茸ごはんで作った小さなおにぎりを振舞いました。)
授業では、名前を呼ばれると返事をして、出席カード?を貰って壁の出席ボード?に貼りに行く、というようなことをしていて、母たち(しかも約一名かなり恐ろしい仮装をしている)の見守る異様な光景の中泣きだす子もいましたが、純正は大きな声で返事をしてカードを貰いに行けました。ただ、返事は「はい!」だったんですけどね(*´Д`)。他の子は「I'm here!」なのでね…。
それでも他のお友達と仲良く名前で呼び合っているようで、なんだか安心しました。言葉は通じなくとも仲良く出来るものですねぇ。がんばれ純正!

母も仮装ちなみに母も仮装しました。純正と同じくヴァンパイアです。化粧もこってり!いや、その、てっきりみんなガッツリ仮装するんだと思っていたのですが、案外そうでもなかった(笑)。しかも他国のママさんはほとんど仮装してないし!ちょっとやり過ぎたようです…(左が私)。でも仮装するのは楽しいですね。来年はどうしようかな~(*´▽`*)?


自宅でのハロウィンパーティその後、土曜日にいつも仲良くしてもらっている家族が集まってささやかなハロウィンパーティもしました。これまた淘宝で買った内装類ですが、安い&簡単にした割には好評で良かったです。料理はもちより、私はコロッケ担当で、普通のコロッケとパンプキンコロッケを作ったのですが、こちらのかぼちゃはとっても柔い…というか水っぽい!かなり作り辛かったです。が、なんとかそこそこ美味しく出来ましたよ。みんなが作ってきてくれたお料理も美味しかったです。また来年もやろう!

 そうそう、純正についておおきな成長があったのですが、それについてはまた今度。




_

バス大好きなんだそうで
2013年08月28日(水)12:14 comment:(2)

さくらんぼ文庫からのバス さてあれからですが。
ギャン泣きでマンションを震わせたあの日、帰りのバスから降りてきた純正の顔は少し疲れてはいたようですが、特に不機嫌な様子もなく駆け寄ってきました。「楽しかった?」と、聞くと、「うん、がっこ楽しかったー!」と、事も無げに答えました。あれ?とその時は思いましたが、その日の連絡帳を見ると少しびっくりしちゃうことが書かれていました。朝、バスから降りるとすぐに泣き止んで、一日機嫌よく過ごしたとのこと。しかも、トイレの失敗無しでした。朝穿いて行ったパンツを穿いています。ってことは、あの小さくて頼りないトイレで用を足せたってこと…?しゅごいじゃん…。
翌朝、起きるなり「バスにのるのー。」という純正。支度を済ませて集合場所に行くとご機嫌でみんなと追っかけっこをしています。そしていざ、スクールバスが来ると…お兄ちゃんたちについて自らバスに乗り込む純正。ぽかーんですよ。で、発車と思いきや一人まだ来ていない子がいて、その子を待っている間に純正が私を手招きします。おかーさん!おかーさん!こっちこっち!と言って、泣き始めてしまいました。そ、そうだよね、まだ3日目だし。が、それでも降りようとはせず、そのまま行ってしまいました。

それで終わりです。純正はそれ以来、超!ご機嫌で毎日インターに通っています。やっぱりこのくらいの子供は言葉の壁に対して抵抗が少ないのでしょうか。学校ではクラスも先生もみんな英語オンリーです。純正はその中でもおそらく日本語を話しまくっているとは思いますが、相手が理解しません。それでも気にする様子は無く、毎日楽しそうです。今朝なんかは早朝からバスバス言って玄関に行ってしまい面倒くさい感じでした。でも、あの、2日目に送り出した時の辛さを想えばへっちゃらです。早く慣れてくれて本当に良かった!
そういえば、お友達と遊んでいるときにおもちゃを持ちながら「ていきっていきっ」と、言っているのですが、もしかしたら「Take it」と、先生に言われているのでしょうか?すぐに私がついていけなくなりそうですね(;´∀`)。

上の写真はインターは土日がお休みで、土曜日のさくらんぼ文庫(絵本サークル)に参加した後。最近またちょっと顔つきが変わってきた気がします。少しずつ、お兄ちゃんになってきましたね。

連絡帳そうそう、週に1度だけですが、その週の詳しい報告をくれる様です(←写真)。B5の大きさにおそらく全員分のスナップ写真も。純正、馴染んでるじゃん!両脇はどう見ても東洋人には見えないタイプの二人。なんだか不思議な感じですね。制服はいくつか種類があって、純正が来ているポロシャツタイプか、両脇の子が着ているチェックのものです。女の子のワンピースが可愛いです。
毎日の連絡帳は、すごくすごーくアバウトな感じです。項目はいろいろあるのですが、重要なところ(お昼寝は出来たかとか食事をしたかとか)のチェック漏れが結構あります。機嫌のところだけはまだ抜けがありませんので恐らくこの年齢の子の目下の課題は機嫌よく通うことなのかもしれませんね。
連絡帳の様子から、純正は積極的に活動しているようです。絵本読み聞かせの時間もぐいぐい来るようなことが書かれていました。工作にも積極的に取り組んでいる様です。やっぱり入れて良かったと思います。


_

初めての試練
2013年08月20日(火)10:38 comment:(2)

初通学より帰宅後 昨日、初めてスクールバスに乗ってインターへ行きました。もちろん純正だけで。こちらは日本と違って慣らし保育というものは無く、しょっぱなから一人で7時間半の長旅です。インターの校舎へ行くのは初めてではありません。学校見学でも行きましたが、それより日本人幼児絵本サークルに参加しているので、これまでも月に2度通っていました。ただし、私と一緒に。
お兄ちゃん、お姉ちゃん、そして先生に手を引かれてバスに乗った純正。不思議そうな顔をでドアのガラス部分から覗き込むようにして手を振る私を見ていました。(まさか、後で来るんだよね?)と、テレパシーが聞こえるような気がしました。

学校へ着くと、もちろん、私はいません。先生に伺ったところによると、最初他の子供たちと元気にバスを降りたが、教室へ行くまでにお母さんを探し始め、教室についたころには泣き始めたとのこと。午前中は泣き続け、午後からは遊びながら時々思い出したように泣いていたそうです。ご飯は少しだけ食べた様子とのこと。トイレは一度も言えなかったのか、全てパンツでしてしまったようで、替えに持たせていたパンツやズボンを全て使ってしまっていました。

帰ってきたら私の顔を見て泣くんじゃないかと思いましたが、泣きませんでした。その代り、憔悴しきった様子でそーっとこちらに歩いてきて、そーっと抱き付いて来て、その後はなかなか離れませんでした。それでも良い子であろうとしたのか、「楽しかった?」と聞くと、「楽しかった。」と答えました。でも「明日も頑張れる?」という質問には、全く答えず私にしがみついていました。
写真は部屋に帰ってご褒美のぶどうジュースを飲んでいるところです。目がパンパンに腫れていました。

そして今朝。さすがに泣くだろうとは思っていましたが……予想以上に泣きました。制服どころがパンツを穿くのも嫌がります。無理やり着せて抱えるようにマンションロビーへ行きましたが、昨日は喜んだお兄ちゃんお姉ちゃんの姿にも無反応で泣き叫びます。無理やり引きはがして無理やりバスに押し込んで、バイバイと見送ってきました。周りのお母さん方が、最初はみんなこうよ~と仰るのが逆に泣けてきて大変でした…(*ノωノ)。甘やかされるのに慣れていませんので。

この部屋にじっとしているより、学校で色んな体験をした方が、きっと純正にも良いはずと自分に言い聞かせながら、しばらく耐える日が続きそうです。


_
        

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新コメント

[02/22 ちかちゃんだょ(^^)/]
[01/29 ちかちゃんだょ(^^)/]
[01/27 ちかちゃんだょ(^^)/]
[01/27 ちかちゃんだょ(^^)/]
[01/22 ちかちゃんだょ(^^)/]

純正の成長曲線

バーコード

ブログ内検索

P R